神戸の弁護士:交通事故(被害者側)・離婚・相続問題にきっちり対応

介護事業予防法務

  • HOME »
  • 介護事業予防法務

アクシデントは必ず原因があります。私たちはその原因や課題を小さくすることでアクシデントを未然に防いでいきますが、いつ起こるとも限りません。

古谷法律事務所は、アクシデントを未然に防ぐことに集中しますが、仮にアクシデントが起こった時のどのように対応するかを想定したアクシデント緊急対応プログラムがあります。

事前緊急事態対応マニュアル作り

古谷法律事務所介護事業予防法務プログラム内容マニュアル作りアクシデント事態がおこってからの対応は後手になります。後手での対応は印象も悪く、印象は解決に向かう時に非常に重要な要素です。

アクシデントが起こった時の初期対応をしっかりすることで、予想を超える事態になる可能性を減らします。
そのために各アクシデントを想定したマニュアルを作成します。
そのことで、しっかり初期対応がスムーズに運びます

想定問答

古谷法律事務所介護事業予防法務プログラム内容想定問答緊急対応の一つとして記者会見などの問答を先に想定しておくことは大事です。過去の質問をベースに回答を想定しておきます。そのことで報道陣への対応ができます。

報道陣対応

古谷法律事務所介護事業予防法務プログラム内容報道陣対応報道陣への印象が、良いイメージも悪いイメージに両方ついてしまいます。想定問答も含めしっかりと報道陣への対応も必要です。しかし、当事者がいちばんですので、その対応をあらかじめ決めておくと怖がることはありません。

労使交渉

古谷法律事務所介護事業社予防法務スタンダードプラン事件や事故が起こったとき、労働組合が出てくる場合があります。そんな彼らともしっかりと対応できる事前マニュアルを用意しておくと安心です。弁護士とどのように連携すればよいかも含め、協議しておくことで対応に迷いなく進めることができます。

事件事故対応

古谷法律事務所介護事業予防法務プログラムプレミアコースそうはいっても、アクシデントが起こると予想以上の事態がおこることがあります。そんなことがあるからこそ、弁護士としっかり日頃からの情報交換や信頼関係がアクシデント収拾への迅速な対応に結びついてくるのです。私との連携を取ることで、しっかりたいおうする安心感を得ることができます。

  • 事件事故対応
  • 事前緊急用マニュアル作り
  • 想定問答
  • 報道陣対応
  • 労働組合の労使交渉
  • 特別連絡

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 078-599-5147 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 澤上・古谷法律事務所 All Rights Reserved.
PAGE TOP